今後のPFI事業推進における提言整備施設における不具合等の改善まんのう町PFI事業問題第三者検討委員会整備施設の安全性整備施設における不具合等の発生まんのう町立満濃中学校改築・町立図書館等複合施設整備事業まんのう町立満濃中学校改築・町立図書館整備検討委員会PFI事業アドバイザリー業務導入可能性調査まんのう町地域再生協議会住民説明会の開催満濃中学校改築対策室だよりまんのう町立満濃中学校改築基本計画

担当部署

まんのう町教育委員会事務局
学校教育課
〒766-8503
香川県仲多度郡まんのう町吉野下430
電話 :0877-73-0108
FAX :0877-73-0113
 
ようこそ706428人目の訪問です

検討委員会の設置

平成22年1月8日

 現在の満濃中学校は建築後約50年が経過し老朽化が激しく、耐震構造でもないため、改築の必要に迫られています。
 そこで、中学校の改築方法について、平成21年度当初から、PFI手法(公共施設などの建設、維持管理、運営などを民間の資金や経営能力、技術的能力を活用して行う新しい方法)を導入し、設計・建設・維持管理を長期間(おおむね15年間から20年間)にわたり一括して発注するのがいいのか、または、従来のように、設計、建設をそれぞれ発注し維持管理は業務ごとに毎年契約する方法がいいのかを調査してきました。
 その結果、一括契約や長期契約をすれば事業費が抑制され効率的な維持管理ができることや、民間事業者のノウハウにより快適な学校が整備されることが明らかになったので、中学校の改築はPFI手法を導入し実施することになりました。
 今後は平成25年4月開校を目指し、PFI法(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)に基づき事務事業を行っていきます。
 併せて、満濃中学校の施設や教育環境、町立図書館をどのように整備していくかを考える必要があります。そこで、このような問題を検討していく委員会を設置しました。

設置規程.pdf